1. TOP
  2. 樹齢がハンパない!日本三大桜と浜松のお花見名所7選 2017年版

樹齢がハンパない!日本三大桜と浜松のお花見名所7選 2017年版

浜松城と桜
LINEで送る
Pocket

伊豆の河津桜も見頃となり、2月10日から始まった河津桜まつりも盛り上がりをみせています。
河津桜のピンクと菜の花の黄色、青空のコントラストがとても綺麗ですよね。

今が見頃となる早咲きの河津桜と違って、県内で多く見られる桜はまだまだツボミ。
ソメイヨシノを中心にヤマザクラやシダレザクラ、ヤエザクラなど様々な桜がこれから咲き始めます。

日本人にとって桜は特別な花。
花見の宴会は桜が一般的ですし、入学式には桜が咲いていると華やかさが出ます。
身近なところだと、100円硬貨にも桜の花があしらわれていますね。

そんな日本人にとって、切っても切れない桜についてご紹介します。

日本三大桜

日本にある三大桜をご存知ですか。
どれも樹齢1000年以上で、天然記念物に指定されています。
1000年を超えているだけあって、どの桜も圧巻の迫力です。

山高神代桜(やまたかじんだいざくら)

Yamatakajindaizakura出典:Wikipedia

山梨県北杜市武川町山高の実相寺境内にあるエドヒガンザクラ。
樹齢2,000年以上の老木で、ヤマトタケルが東征の際に植樹したといわれています。
さらに、鎌倉時代には日蓮が衰えた桜を見て回復を祈ったところ蘇ったという伝説もあります。
根回り13,5mは日本一の太さです。

2017年予想開花日

山高神代桜 4月1日頃(昨年差:+3日)

 

根尾谷薄墨桜(ねおだにうすずみざくら)

Usuzumizakura出典:Wikipedia

岐阜県本巣市の淡墨公園内にあるエドヒガンザクラ。
樹齢1,500年以上で、継体天皇お手植えという伝承があります。
伊勢湾台風によって大きな被害を受けましたが、作家の宇野千代が保護を訴え、再生保護されるようになりました。
この根尾谷薄墨桜は、蕾の時は薄いピンク色、満開時には白色、散り際には薄い墨色に花びらの色が変わる珍しい桜です。

2017年予想開花日

根尾谷薄墨桜 4月4日頃(昨年差:+7日)

 

三春滝桜(みはるたきざくら)

TakiZakura出典:Wikipedia

福島県田村郡三春町大字滝字桜久保にあるベニシダレザクラ。
樹齢1,000年以上で、毎年4月中旬〜下旬に四方に広がった枝から薄紅色の花が、滝のように咲き匂うことからこの名がついたそうです。
江戸時代には三春藩主御用木として保護されていました。
桜の周りに菜の花が植えられ、桜の季節は薄紅色、黄色、緑色のコントラストがとても綺麗です。

2017年予想開花日

三春滝桜 4月15日頃(昨年差:+11日)

 

お花見の歴史

203ea1d9b19766b04dfb84cb4ae3b807_s

桜のお花見は平安時代から始まったといわれています。
それ以前は、花といえば梅や萩などをさしていましたが、平安時代の貴族達は華やかな桜を春の代表格として愛でていました。
以来、日本人にとって花といえば桜を意味するようになり、それ以外の花見は「梅見」や「観菊」など、その花の名前をつけるようになったのです。

また、お花見は農民の間でも豊作祈願の行事として行わていました。
桜は、春になると山から降りてきた田の神様が宿る木とされていたので、桜の咲き方でその年の収穫を占ったり、開花時期にあわせて田植えの準備をしたりしていました。
その桜のもとで神様を迎え、豊作を願い、料理や酒でもてなし、人も一緒にいただくということが本来のお花見だったようです。

江戸時代になると春の行楽として庶民にも広まりました。
この頃になると、園芸が盛んになり、桜の品種改良が進みます。
今、日本でよく見られているソメイヨシノもこの頃できたものです。
日本の桜の約8割を占めるソメイヨシノですが、自力で繁殖する能力がないため、接ぎ木や挿し木で明治時代に多く増やされました。
いわば、クローンともいえる桜なのですが、近い将来寿命がくると予想されています。
もしかしたら近い将来、桜でのお花見ができなくなってしまうかもしれませんね。

7つのお花見のマナー

ルール

楽しくお花見をする上で最低限のマナーを守ることは大切です。
どのようなことに気をつけるべきでしょうか。

7.必要以上に場所をとらない

快適な宴会には桜がよく見える広いスペースが必要ですが、むやみに広く場所取りすることはタブーです。
また、テントを張ったり、シートで屋根を作ったりすることも、他の花見客に迷惑がかかるのでやめましょう。

6.敷く場所にも気を配って

桜の根本にシートを敷いてしまうと、根を痛める原因になります。
少し離れた場所に敷き鑑賞しましょう。

5.お酒の飲み過ぎに注意

お花見にお酒はつきものですが、飲み過ぎには注意しましょう。
特に、急性アルコール中毒アルコール・ハラスメントには気をつけて下さい。

4.飲み物や汁物を地面に捨てない

余った飲み物や汁物を地面に捨てないようにしてください。
桜の根が痛む原因になります。

3.桜は見て楽しむ

桜はとてもデリケート。
枝を折ったり、傷つけることで木が枯れてしまうこともあります。
また、桜吹雪が見たくても、枝を揺すったりしないで下さい。

2.大騒ぎしない

グループでのお花見は、ついつい騒がしくなりがち。
でも、静かに楽しみたい方や近隣の住民にも配慮すべきです。
節度ある宴会を楽しみましょう。

1.ゴミは持ち帰りが基本

お花見で楽しんだ後は、後片付けまで行うのが大人としてのマナー。
美しい桜の名所がゴミだらけなんて、目を覆いたくなりますよね。
持ち込んだものは全て持ち帰るつもりで、きちんと片付けまで行いましょう。

続いては、お花見の時の必需品についてPick Upしました。

LINEで送る
Pocket

\ SNSでシェアしよう! /

we love 浜松〜浜松エンジョイ情報倶楽部〜の注目記事を受け取ろう

浜松城と桜

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

we love 浜松〜浜松エンジョイ情報倶楽部〜の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この記事を書いた人

のの

のの

千葉県出身の30代主婦。結婚を期に浜松へ引っ越してきました。浜松にきて驚くこともいっぱいですが、新たな発見もできて楽しい毎日です。
休日は子どもとお出かけすることが多いので、一緒に楽しめる場所を日々サーチ中!

この人が書いた記事

  • 浜松城と桜

    樹齢がハンパない!日本三大桜と浜松のお花見名所7選 2017年版

  • フルーツ型遊具

    フルーツ狩りだけじゃない!楽しみがいっぱい詰まった『はままつフルーツパーク時之栖』

  • デザートビュッフェマラソン

    マラソン×スイーツ デザート ブッフェ マラソンが浜松市で開催!!

  • Valentine's Day

    2017年バレンタイン!あなたは買う派?手作り派?チョコレートの相場ってどのくらいなの?

関連記事

  • 浜松から紅葉ぷち旅行

    浜松から日帰りで行ける紅葉&観光スポット11選 -2016年版-

  • 出世城・浜松城

    浜松城が出世城になるまで【浜松の歴史をしらべてみた】

  • suzuki

    世界に羽ばたく自動車メーカー「スズキ」を見に行こう!

  • IMG_2608

    冬の味覚カキを満喫♪弁天島浜小屋マルシェに行ってきました!

  • 浜松のコストコアウトレットに行ってきました

    聞いてビックリっ! 掘り出しモノ発見!コストコ アウトレットに潜入~!!

  • 浜松城公園・児童プール

    2016年 まだまだ暑〜い夏を子どもと涼しく『無料』で楽しむ