1. TOP
  2. エリア別
  3. 浜松市西区
  4. 秋はコスモスで一面ピンク色!無料で楽しめる浜名湖ガーデンパーク

秋はコスモスで一面ピンク色!無料で楽しめる浜名湖ガーデンパーク

 2023/07/19
浜松市西区 観る この記事は約 7 分で読めます。
浜名湖ガーデンパークのコスモス

秋に咲く花と言えば、何を思い浮かべるでしょうか。
代表的な花に、コスモスがあります。
秋風に揺れる姿が可愛らしいですね。

そんな華やかなコスモスが一面に咲く場所があるんです。
浜名湖ガーデンパークです。

例年でおよそ40万本ものコスモスが咲き誇り、さらに展望塔に登ってコスモスの地上絵を見る事ができます。
写真や動画では花の地上絵を見たことがあっても、肉眼で見られる場所は全国的にも珍しいのではないでしょうか。

今回は自然豊かで無料で入園可能な「浜名湖ガーデンパーク」についてご紹介します。

    

浜名湖ガーデンパークってどんな場所?

浜名湖ガーデンパークのコスモス

浜名湖ガーデンパークは、2004年に開催された「浜名湖花博」の会場跡地に整備された都市公園です。

〈西側エリア〉〈街のエリア〉〈里のエリア〉の3つのゾーンで構成されており、四季折々様々な花が咲き乱れます。
園内には川が流れており、遊覧船も季節限定で運行されています。

コスモスが観賞できる場所は「花のひろば」「国際庭園」「花の美術館」の3か所です。
どれも個性的な見せ方をされています。

    

入園料、駐車場が無料

浜名湖ガーデンパークはなんと、入園料だけでなく駐車場も無料です。
展望塔や遊覧船など一部有料ではありますが、基本的には無料で楽しめます。
コスモス観賞も、もちろん無料です。

    

ペット連れ可能

一部禁止エリアはございますが、ペットの散歩で訪れる事が可能です。
綺麗な花を眺めながら、ペットと一緒に散歩ができるなんて、とっても素敵ですね。

広い公園なので、ペットの運動不足解消にも良さそうですし、花を背景に、ペットとの思い出の写真もたくさん撮影できそうです。

    

「花ひろば」は映えスポット

「花ひろば」は〈街のエリア〉の中心的な存在です。
全体が約3,000 m2もあります。
地上絵が見られる展望塔はこちらにエリアにあります。

例年、春にはネモフィラ、夏にはひまわりが広場に美しく咲き誇ります。

浜名湖ガーデンパークのコスモス
2022年10月撮影

ハートの形の撮影スポットもあります。
展望塔と満開の花を、同時にハートの中に収めることができます。

    

「浜名湖八景」に選ばれた展望塔の景色

パークのほぼ中央にある展望塔からは、ガーデンパーク内だけでなく、浜名湖まで一望できます。

展望塔の高さは50mあり、360度全面ガラス張りとなっています。
天気が良ければ富士山が見えることもあるというこちらの景色は、「浜名湖八景」にも選ばれています。
展望塔は有料となっております。

浜名湖ガーデンパークのコスモスと展望台
写真右奥ある建物が展望塔:2022年10月撮影

     

コスモスで描かれる地上絵

浜名湖ガーデンパークのコスモス
浜名湖ガーデンパーク展望台より:2022年10月撮影

2022年「花ひろば」を展望塔から撮影した写真です。
2匹の赤とんぼを見上げる「のたね」ちゃんが描かれています。
赤とんぼ部分はサルビアが植えられています。

浜名湖ガーデンパークのコスモス
2022年10月撮影

毎年異なるテーマで、様々なコスモスを中心に地上絵が描かれます。
過去には「うさぎが餅つき」や「ハロウィン」がテーマになったこともあったようです。

2023年のテーマは何でしょうか。
ぜひ、予想しながら展望塔に登って確かめてみませんか。

展望塔料金(※1回の入場毎に料金がかかります)
高校生以上300円
小・中学生100円
70歳以上200円
入園時期展望塔 利用時間
9月~5月9:00~16:30(最終入場16:15)
6月~8月9:00~17:00(最終入場16:45)

     

秋山康さん命名!浜名湖ガーデンパークのキャラクター

先程、地上絵でも紹介したキャラクターの「のたね」ちゃんは、秋元康さんが命名されています。
公式HPでは、秋元康さん原作で物語が描かれています。

秋元康さんらしい、くじけそうな人にエールを送るような話です。
お話の内容は短いので、ぜひご覧になって下さい。

浜名湖ガーデンパークのコスモス
2022年10月撮影

写真は秋元康さんの物語にも登場した球根のキュウタンです。
大きな花を咲かす夢を持っているそうです。
いつか叶うといいですね。

    

異国を味わえる「国際庭園」、モネの庭を模した「花の美術館」

コスモス観賞ができる場所は、「花のひろば」以外に里のエリアに2か所あります。

「国際庭園」では、ネパールやインドなどの庭園様式を再現しています。
まるで異国に迷い込んだと錯覚を起こしてしまいそうです。

また、「花の美術館」では、クロード・モネがフランスに作った庭を再現しています。
浜名湖花博の時に作られました。
「花の庭」「水の庭」で構成され、春から秋にかけて、さながらモネの絵画から抜け出してきたような光景が広がります。
チューリップ、バラ、ひまわり、スイレンなど、季節ごとに多種多様な花が咲きます。

     

遊覧船でガーデンクルーズ

園内には、浜名湖花博でも大人気だったいろどりクルーズ」が再び運行しています。
小さな子供からお年寄りまで幅広い年代に楽しんでいただけます。

コスモス開花時期の10月は、毎日9時~16時40分(※東船着場最終出発時刻)まで運行しています。
なんとペットも状況により乗船が可能です。

コスモス観賞をした後、のんびりと遊覧船に揺られてみるのもいいですね。

ガーデンクルーズ料金
片道大人 600円
子ども 300円
ペット 300円
往復大人 1,000円
子ども 500円
ペット 500円

    

コスモスってどんな花?

浜名湖ガーデンパークのコスモス
2022年10月撮影

少しだけ、コスモスについて触れておきます。

別名、秋桜(アキザクラ)というだけあって、9月~11月頃に開花するキク科の秋の花です。
特に10月中旬が見頃となります。

浜名湖ガーデンパークのコスモス
2022年10月撮影

葉は細かく枝分かれして、桃色、白色、赤色の花を咲かせます。
茎は高さ2~3mまで伸びます。

コスモスの語源は、ギリシャ語の「秩序」などに由来します。
規則正しく花びらが並ぶ様子から、名付けられました。

    

「浜名湖ガーデンパーク」施設詳細

浜名湖ガーデンパークのコスモス開花
開花 例年10月初旬~10月末
見頃 例年10月半ば以降
※2022年は10月19日頃
鑑賞場所 ●花ひろば
●花の美術館(毎週火曜は午後閉園)
●国際庭園
会場住所 静岡県浜松市西区村櫛町5475-1
電話 浜名湖ガーデンパーク管理センター
053-488-1500
※受付時間 8:30~17:00
(7.8月 8:30~18:00)
開園時間 【1~6月・9~12月】8:30~17:00
【7月・8月】8:30~18:00
休園日 12月29日~1月3日
入園料 無料
駐車場 無料駐車場あり
※約1800台分
アクセス ●浜名バイパス「坪井IC」より約15分
●東名「浜松西IC」より約30分
バス JR浜松駅北口バスターミナル1番乗り場より「ガーデンパーク行」乗車約60分
HP https://www.hamanako-gardenpark.jp/
※本記事は2023年7月時点での情報となります。

     

秋はコスモスが咲き誇る!絶景を楽しめる公園

浜名湖ガーデンパークのコスモス
2022年10月撮影

浜名湖ガーデンパークはコスモスだけでなく、園内に流れる川や、展望台から見える浜名湖など、魅力がたくさん詰まった公園です。
また、コスモスと同時期ですと、秋の七草の一つであるフジバカマ、他にシュウメイギクなど様々な種類の花を楽しむ事もできます。

園内には1カ所だけ屋内飲食施設もあります。
うなぎ丼や釜揚げしらす丼などを提供されています。
散歩して疲れた体を癒せそうです。

さあ、浜名湖ガーデンパークへ出掛けましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

we love 浜松〜浜松エンジョイ情報倶楽部〜の注目記事を受け取ろう

浜名湖ガーデンパークのコスモス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

we love 浜松〜浜松エンジョイ情報倶楽部〜の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!