1. TOP
  2. 浜松街中 自転車フェスタ「まちなかチームパーシュート/シングルスプリント」

浜松街中 自転車フェスタ「まちなかチームパーシュート/シングルスプリント」

 2018/08/02
この記事は約 4 分で読めます。
まちなかチームパーシュート/チームスプリント

浜松街中の鍛治町で、自転車フェスタ「まちなかチームパーシュート2018」が開催されます。

鍛冶町通りが歩行者天国となり、一周250mのオーバル形の自転車リンクに大変身!
非日常のフィールドで、自転車競技が行われます。

リンクのすぐそばで、オリンピック種目競技でもある自転車レースの雰囲気やスピード感・迫力ある奮闘ぶりを観戦することができますよ。
ぜひ、参加選手達に熱い声援をお届けください。

競技種目は2つ。
今回で3年目となる「まちなかチームパーシュート」は、チーム(3人で構成)で最大8周(2000m)で競います。
また「まちなかシングルスプリント1000m」は、1人で4周を走り切るタイムトライアルです。

昨年は台風の影響で残念ながら開催中止となりました。
今年の熱戦が楽しみです。

 

「まちなかチームパーシュート」の内容

まちなかチームパーシュート/チームスプリント2016年のイベント開催の様子

まちなか特設コース(1 周250m)を8周(2,000m)走って競います。

1チーム3人で行う競技は、予選、準決勝戦、決勝と進み、入賞すると男女別に優勝、準優勝、第三位に表彰状と副賞が贈られます。

まちなかチームパーシュート/チームスプリント2016年のイベント開催の様子

チームパシュート2016年のイベント開催の様子

チームパーシュート(team pursuit)とは?

本来は、トラックレース(バンク等)で行われる競技形態で団体追い抜きとも呼ばれるものです。
(※オリンピック競技種目)

簡単に言えば、自転車を使ったチーム戦の「鬼ごっこ」です。
相手チームを追い付く(越す)事を目的に走ります。
スタートから繰り広げられる、相手チームとの駆け引き
ゴール手前の爆発的なスプリント合戦が見どころです。

 

 「まちなかシングルスプリント1000m」の内容

まちなかチームパーシュート/チームスプリント2016年のイベント参加者

個人で1周250mのコースを4周(1,000m)走ったタイムを競います。

予選はタイム勝負。
予選のタイムで上位4名が準決勝戦に進み、決勝戦が行われます。

準決勝・決勝レースは、1レースで2選手がメインストレートとバックストレートにそれぞれ分かれて中央から同時スタート。
追い抜かれた時点で決着、追い抜かれなかった場合はゴールタイムで勝敗が決まります。

同日開催イベント

自転車フェスタではレースだけでなく、「交通安全教室」 「 まちなか大試乗会」も行われる予定です。

(※会場スペースに限りがあるため、開催の有無・内容等変更になる場合があります。)

「交通安全教室」

バランス特性、乗り降り、スラローム、上り下り、ブレーキングなどを体験できます。
小学生以上が参加可能。
無料。

「 まちなか大試乗会」

パラリンピックでも使用されるタンデム、電動アシスト、高機能バイク等の試乗ができます。
(※ヘルメット・グローブ着用が必要のため、貸出で着用していただきます)

小学生以上が参加可能。
無料。

まちなかチームパーシュート/チームスプリント2016年のイベント開催の様子

「浜松カップ フェスタ・サンバ2018」

詳細はこれから更新の予定です。

「浜松カップ フェスタ・サンバ2018」HP

 

「まちなかチームパーシュート/シングルスプリント」 詳細

開催日 2018年 9月30日(日)
開催時間 11:00~17:00
開催場所 ザザシティ浜松西館北側の特設コース
(静岡県浜松市中区鍛治町)
対象 ①チームパーシュート参加は、高校生以上
②シングルスプリント参加は、小学3年生以上
募集人数 ①まちなかチームパーシュート/50チーム 150人
②まちなかシングルスプリント1000m/ 50人
参加費 1,500~9,000円
申し込み方法 事前申し込み制
申し込みフォーム
申し込み締め切り 2018年9月8日(土)
駐車場 周辺の有料駐車場をご利用ください。
HP https://hamamatsujk.jimdo.com/
facebook まちなかチームパーシュート2018

お問い合わせ先:浜松市自転車協会 e-mail:hamamatsujk@gmail.com

 


行きたい!食べたい!役にたった!ならみんなに伝えてくださいねっ

行きたい!食べたい!役にたった!ならみんなに伝えてくださいねっ

まちなかチームパーシュート/チームスプリント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

この記事を書いたひと

we love 浜松 編集部

we love 浜松 編集部

浜松をもっと楽しむことができるように、知っているようで知らないコト、知っていたけどイマイチだと思っていたコトが「楽しい」「おもしろい」と思ってもらえるような情報をお届けしていきます。
また、浜松に観光で、、、ビジネスで訪れた方に便利な情報をお届けできたらと思います。
たった1日でも半日でも、、、役立つ情報をお届けします!