1. TOP
  2. グルメ
  3. スイーツ
  4. アメリカンパイといえばLouisiana Mama(ルイジアナ ママ)!食べるべき絶品ケーキをご紹介

アメリカンパイといえばLouisiana Mama(ルイジアナ ママ)!食べるべき絶品ケーキをご紹介

 2023/01/16
スイーツ 浜松市中区 食べる この記事は約 8 分で読めます。
ルイジアナママ

浜松市中区にあるアメリカンパイとタルトの名店「ルイジアナ ママ」。

味はもちろんのこと、パティシエたちが作り出すケーキの美しさもピカイチ。
ルイジアナ ママの商品に魅せられ、購入時には頭を抱えてしまうこと間違いなしですよ!

今回は筆者厳選、ルイジアナ ママで買うべき商品をご紹介していきます。

 

本当は教えたくない、最近のオキニ「ルイジアナ ママ」

ルイジアナママ

「ルイジアナ ママ」の場所

浜松市中区早出町。
遠州鉄道曳馬駅の2番出口から徒歩7分にお店を構えています。

 

色鮮やかなケーキ

外国の絵本に登場しそうなケーキたちが、今日もあなたをお出迎え。

この辺りでは中々お目にかかれないような、珍しいケーキたち。
毎日20種類以上の商品が店頭に並びます。

ルイジアナママ

旬の果物をふんだんに使用した色鮮やかなタルト。
眺めているだけで幸せな気分になりますね。

ご覧の通り、ショーケースにはホールケーキがずらり。
ざっと見でも、ホールケーキだけで20種類くらい。

いつ伺っても変わらない光景。
ここまで種類豊富なケーキを揃えている個人店、中々ないぞ。

急を要する場合や、贈答用にもぴったりです。

ルイジアナママ

 

ホームメイド感あふれるアメリカンパイ

親近感がわくような、ほっこり家庭の味。
好きなものを詰め込んだ組み合わせ。
めちゃくちゃ甘いけど、ついつい食べちゃう。
愛情に比例するかのように、ビックサイズ。

それを知ってしまったから。
この幸せを味わってしまったから。
まんまと、アメリカンパイの虜となりました。

 

アメリカンパイについて

生地の中にバターが点在するように練り込まれた、パイ生地(パイドゥ)が主流です。
パイとタルトとクッキーを合わせたような食感が特徴。

 

ケーキの大きさはアメリカンサイズ!

ルイジアナママ

ルイジアナ ママのケーキたちは、食べ応え満点のアメリカンサイズ。
普段大食いなのだけれど、これはひとつで満足するレベル。

ちょっと気になったので、自宅で測定してみました!
※イートイン不可。テイクアウトのみとなっています。

おそらくですが、8号(直径24cm)を10等分したものが1カットとなっている様子。
(あくまでも個人の見解であり、誤差が生じます。)

 

毎回どれにしようか、悩むくらい種類豊富なラインナップ

ショーケースの前で右左と大きく頭を傾け、永遠と悩み続ける筆者。

お目当てもばっちり決まっている。
愛してやまない、いつもと同じものを購入するつもり。
だがしかし、どうしても目移りしてしまう。

 

勝手にランキング!「ルイジアナママ」のケーキ

好きすぎて毎回同じ商品を購入している筆者。

「あなた結局どれが一番好きなのよ?!」

こんな声が今にも聞こえてきそうなため、悩みに悩みながらランキング化してみました。
※個人的視点ですので趣味が合わなかったらごめんなさい。

◇第1位 「バナナパイ」

◇第2位 「レアチーズケーキ」、「ピーカンナッツパイ」

◇第3位 「ニューヨークチーズケーキ」

筆者と味の好みが似てそう!という方にはぜひ、購入時の参考にしていただけたらなと思います。

 

第3位:しゅわっとはじける「ニューヨークチーズケーキ」

ルイジアナママルイジアナママ:「ニューヨークチーズケーキ」432円(税込)

ニューヨークチーズケーキの焼成方法は、基本的に蒸し焼き

ケーキが奏でる繊細な音を聞き逃すまい!と、そっとフォークを入れる
その瞬間「しゅわっ」とはじけるような、みずみずしい音。
何度聞いてもたまらない。思い出しただけでニヤけちゃうぞ。

そして、このねっとり食感がまた良いんだよなあ。
ひとくち食べたならば瞬く間に口の中でとろけていく

職人の技も相まってこの素晴らしい音と食感が生まれるのです。

 

第2位:スパイスの衝撃!食べてビックリ「レアチーズケーキ」

ルイジアナママルイジアナママ:「レアチーズケーキ」432円(税込)

サワークリームの強めな酸味に、レモンピールの苦味甘み
なめらかでとろんとした、極上クリームの食感は心を掴んで離しません。

ルイジアナママ

そのクリームを下から全力で受け止めますのは、シナモンのよく効いたタルト生地。

例えるならば、サクッともしていながら、しっとりとした口どけのクッキー。
ピリッとしたスパイスがアクセントとなり、パクパクいけちゃう美味しさ。

一番驚いたのがレアチーズとシナモンの組み合わせ。
新感覚だし非常に面白い。
今までになかった発想だ。

意外なコンビながら、こんなにもマリアージュするものなのか!と嬉しい発見。

 

第2位:アメリカンパイの代名詞「ピーカンナッツパイ」

ルイジアナママルイジアナママ:「ピーカンナッツパイ」464円(税込)

ピーカンナッツといえば、『世界一健康に良いナッツ』という名前を持つほどのスーパーフード

そのピーカンナッツがたんむり、どっかーんとのっかっています。
もはや、のっかっているという表現ではないな。
正しくいうならばナッツでパイを埋め尽くしています。

「ええい、これでもか!持ってけ泥棒!」といわんばかりに、主張をするピーカンナッツ。

ボリュームをいかに多く魅せるか。
いわゆる“映え”のために、かさ増しでのっている訳ではないのです。
(言い方悪くてごめんなさいね)

横から見ても、今にもパイ生地からあふれ出そうなくらい。

ルイジアナママ

ローストされたピーカンナッツに、ほんのりと感じる塩味と苦めのキャラメル。
絶妙なヌガーはまるで、大人の恋のような味。

このキャラメル、めっちゃくちゃ美味しい。
ピーカンナッツと合うのはもちろんだが、キャラメル自体が驚くほど美味しい。

ピーカンナッツパイよ、お前さんはアメリカンパイのラスボス的存在なのか?
レベル高すぎだろうよ。

こんなに美味しいという言葉を使うと、
「ただたんに、盛ってるだけでしょ?」とか
「とりあえず美味しいって言っときゃいいと思ってるだろ!」など
マイナスに思われてそうでツラいのですが。

冗談抜きで、独り占めして抱えて食べたい。
願わくば、ずっと食べていたい。
ワンホールはぺろりとイケる自信ある。

アメリカンパイの代名詞であるピーカンナッツパイ、ぜひともご堪能あれ。

 

第1位:不動の人気!筆者イチオシの「バナナパイ」

ルイジアナママルイジアナママ:「バナナパイ」378円(税込)

バナナ、カスタード、生クリーム。
間違いないでしょうよ、この組み合わせ。

合わないわけがない。
みんな大好き最強トリオでございます。

なめらかなカスタードクリームに、ふんわりとした生クリーム。
サックリのパイに、ほんの少し酸っぱめのバナナ
(※余談を挟みますが、筆者は限りなく青いバナナが大好物です)

全体的に甘めですが「激甘っ!」というわけでもなく。
黄金比が素晴らしいため、まろやかでさらっとした風味を楽しめます。

ルイジアナママ

好みで分かれるかもしれませんが、ルイジアナ ママのパイ生地は特徴的。

おそらく何らかのスパイスを使用しているのか?
それともすりおろしたレモンの皮、もしくはレモン果汁を配合しているのか?
少し重めでサクっと食感、ガレットとパイの中間とでもいえようか?

ほのかに感じる苦味が甘いフィリングをより引き立たせる。
この生地キッシュにものすごく合いそう。
かっこいい大人の味。

 

「ルイジアナ ママ」の詳細情報

ルイジアナママ

Louisiana Mama(ルイジアナママ)の営業時間

住所 静岡県浜松市中区早出町1023-4
電話 053-465-1272
営業時間 9:00~20:00
※売り切れ次第終了
定休日 不定休
イートイン なし
予約 電話予約OK
24時間ネット予約受付中
支払い 現金のみ
駐車場 無料駐車場あり
※店舗正面と店舗裏に14台分
アクセス バス JR浜松駅北口バスターミナル「サンストリート浜北」行乗車 約25分→「阿弥陀」下車→徒歩約8分
電車 遠州鉄道「曳馬駅」 2番出口→徒歩約7分
JR浜松駅から車で約12分
HP https://www.louisiana-mama.com/

※本記事は2022年12月時点での情報です。

 

今日からあなたも、行きつけのケーキ屋さんに

ルイジアナママ

お気に入りのブラックコーヒーと合わせたなら、気分はまるでニューヨーク。

おやつタイムに、夜のデザートに。
お誕生日ケーキや特別な日のお祝いに。

そんな時には、ルイジアナ ママの愛情たっぷりケーキはいかがでしょうか。
ビックサイズの美味しいケーキを食べて、今日もハッピーになりましょう!

\ SNSでシェアしよう! /

we love 浜松〜浜松エンジョイ情報倶楽部〜の注目記事を受け取ろう

ルイジアナママ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

we love 浜松〜浜松エンジョイ情報倶楽部〜の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この記事を書いたひと

こひつじのミイ

こひつじのミイ

美味しいお酒を求め、BAR巡りをすることが生きがいの、元パン職人。

不思議なご縁から銀座の世界を経験。
好きなもの(珈琲・ケーキ・お酒)のためならば、どこまでもフットワークが軽くなる人間である。