1. TOP
  2. お得なチャンスはあと少し!天浜線と3つのクルーズ船満喫の1dayトリップ♪

お得なチャンスはあと少し!天浜線と3つのクルーズ船満喫の1dayトリップ♪


天浜線&遊覧船満喫♪できるお得な内容

フリーきっぷの内容はこんなに盛りだくさん!

「すいすいコトコトなおいいね!1日フリーきっぷ」のお得な内容

①天竜浜名湖鉄道 全線1日乗り放題
②天竜浜名湖鉄道「転車台・鉄道史館見学ツアー」(1回限り)
③浜名湖遊覧船「水上直虎」1日乗り放題
④浜名湖遊覧船「30分周遊コース」1日乗り放題
⑤浜名湖遊覧船「サンセット鑑賞クルーズ(1日1回)」
⑥えんちゃんクーポンがもらえる

①の天浜線全線とは、掛川駅から湖西市にある新所原(しんじょはら)までのすべての区間です。
天浜線の乗車料金は、ちょっと高め。
この切符で全線で乗り放題とは、かなりお得感満載です‼

上手に使えば、大満足のコスパ旅になります。

よくばりやり繰り上手な私は、行く前にスケジュールを練りました。

というのも・・・

・天浜線は朝夕以外はほぼ1時間に約1本、
・水上なおとらは1時間半に1本、5往復のみ。
・30分周遊コースは40~50分に1本、最終は15時頃。

以上の割合でしか運行(運航)がないからです。
乗り継ぎや空き時間をうまく使わないと、せっかくのフリーきっぷなのに効率が悪くなる・・(-_-;)

まずは、きっぷで体験できる内容と運行時間について調べてみました。

家康くん
「すいすいコトコトなおいいね!1日フリーきっぷ」
値段は?どれだけお得な内容なのか?知りたければ、こちらをご覧くだされ。

 

天竜二俣駅の転車台・鉄道歴史館見学ツアー

天浜線転車台

「すいすいコトコトなおいいね!」のフリーきっぷに、転車台見学ツアー・鉄道歴史館見学が含まれています。
このツアー、開催されているのは知っていましたが、参加するのは初めて。
フリーきっぷを利用することで、色々体験やイベントツアーに参加できるのはいいですね~♪

 

天竜二俣駅について

駅の隣には、天竜浜名湖鉄道の本社があります。

昭和15年に創設された天竜二俣駅は、木造で駅舎・プラットホームをはじめ、転車台や扇形車庫など多数が国の登録有形文化財に指定されています。

現存し可動できる転車台は、天竜二俣駅以外にも全国各地にたくさんあります。
でも、現存する扇形車庫は全国的にも13カ所しかなく、しかも木造はさらに数が少ないので大変珍しいです。

ツアーでは、転車台の迫力ある稼働の様子や数々の有形文化財の木造の建物、天浜線の駅員さんが昔利用していた大きなお風呂や鉄道歴史館を団体で案内にしたがって見学します。

天浜線 転車台・鉄道歴史館見学ツアー詳細

場所 天竜二俣駅
開催時間 金・土・日・祝 10:50~と13:50~の1日2回
月~木 13:50~の1日1回
ツアー時間 約45分
係員引率
予約 不要
ツアー参加料金 天浜線利用 大人/200円、子ども/100円
天浜線利用でない場合 大人/300円、子ども/150円

 

いろいろな車両が乗り放題!天竜浜名湖鉄道

時間帯によってラッピング車両の運行が違います。
今回の旅では、特に狙ってませんでしたが、2つの車両に乗車できました。

どれも運行期間や時間が限定の車両です。

①と③の武将や直虎ラッピング車両の運行は、11月 は23日、25日、26日だけのようです。
せっかく天浜線に乗るなら、今しかない車両に乗ってみるのもいいですね。
旅の思い出に、楽しさ倍増です。

 

①ラッピング天浜線「戦国バサラ」

2017年大河ドラマ「おんな城主直虎」放送にあわせて、期間限定で戦国BASARAシリーズの井伊直虎を中心に戦国武将がラッピングされた車両です。

ラッピング天浜線「戦国バサラ」

荷物を置く棚部分や座席カバーに武将のイラストがずらりと並んでます。

ラッピング天浜線

ラッピング天浜線

 

②ラッピング天浜線「Slow Life Train」

天浜線「slow life train」

車内のカーテンや座席カバーがマルメッコのデザイン生地が使われています。

一瞬、電車内にいるのを忘れそうなくらい、明るく華やかな雰囲気です。

天浜線「slow life train」

スローライフトレインは、しばらく定期運行されますが、運転日は限られています。

運行日をチェック!

 

③ラッピング天浜線「大河ドラマ 直虎号」

ラッピング天浜線

2017年大河ドラマ「おんな城主直虎」放送にあわせて、主役の柴咲コウさんがどど~んとラッピングされています。

 

ミニトロ

天竜二俣駅のホーム脇にあります。
自由に乗車できます。

天竜二俣駅 ミニトロ
自分で自転車のように走らせるタイプです。
線路の上でガタンゴトンとゆっくりと進み、子ども達に人気車両。

天竜二俣駅 ミニトロ始めは後ろ向きで進むことになりますが、
車両をまたミニトロ駅に戻すので、その時は前向きに進み、車掌気分です。

天竜二俣駅のミニトロ

※ミニトロに乗車するには、天浜線の乗車切符が必要です。

※ミニトロを運転できるのは、小学生高学年以上。
低学年以下の子どもは、うしろのトロッコ部分に乗車します。

 

3つの遊覧船に乗れます!

水上交通なおとら

浜名湖遊覧船画像 浜名湖遊覧船HPより

大河ドラマの期間中の2017年1月14日までの運航。
定員50人のウォータージェット船です。

小型ながらもスピード感があります。
「多少揺れます。」とスタッフさんから言われましたが、思っていたよりも快適!

冷暖房完備しているから暑い日も寒い日も大丈夫。
オールシーズン、乗船が楽しめますよ。

浜名湖遊覧船「水上直虎」

上部まで窓ガラスがあると視界がスッキリ。
しかも船の後部背面以外はすべてぐるりと見渡せる、約300度のパノラマビューを味わえます‼

水上直虎

たくさんある座席のどこに座ればいいのか迷いました。

「3人掛けを選ぶといい」とスタッフさんからアドバイスをもらいました。
つい前の座席の方が良いと思いますが、正面などに柱があり、意外に景色が見えにくいそうです。
3人掛けの所は、窓枠の柱がないので窓全体から景色が見渡すことができました。

水上なおとら乗船

勢いよく水しぶきが上がります。
スピード感を感じながら両サイドの景色を眺めることができます。

 

浜名湖遊覧船30分周遊コース

浜名湖遊覧船
今回2つ目に乗った船、「奥浜名丸」です。

1階部分は水上なおとらに乗った時と同じような目線で緩やかに進む景色が見えます。
2階部分は窓がなく、左側または右側の横向き座席で風を受けながら奥浜名湖の景色が眺められます。

自由席なので、どこに座ってもOKです。

開放感もあり、眺めが1階よりも良いので乗船した人のほとんどが2階席にいました。
また、1階の後方にある甲板部分に立てば、目の前に広がる奥浜名湖の景色を独り占めしているような気分を満喫できます。

浜名湖遊覧船乗船

残念なことにエンジン音が大きいので、せっかく流れている船内の観光アナウンスがほとんど聞こえませんでした(;・∀・)
でも移り行く景色は、バッチリ楽しめます。

トイレ付の船です。

 

浜名湖遊覧船サンセットクルーズ

浜名湖遊覧船

最後に乗船した3つ目の船がこちら。
2つ目の船に比べて、見た目はオシャレ感があり、名前もカタカナのハイビスカス号。

この船は、昼間は60分間の周遊コースの船ですが、サンセットクルーズの時は奥浜名丸と同じルートで30分間の乗船になります。

1階部分の座席
サンセットクルーズ

2階部分の座席
サンセットクルーズ

この船、奥浜名丸と比べると、とっても音が静か。
滑らかに水上を進みます。

静かに夕日を眺めるサンセットクルーズの雰囲気にもピッタリです。

乗船すると、やはりほとんどの人が2階席へ移動。
サンセットクルーズの乗船客は、昼間の周遊コースに多かったファミリー層の姿はなく、やはりカップルが多かったです。
デートコースにピッタリのシチュエーションですものね♥

昼間と同じコース、同じ景色。
でも空模様がオレンジ色から少しずつ暗くなっていき、シルエットのように浮かび上がる景色は、とっても幻想的!

サンセットクルーズ

昼間と違って会話しなくても、その移りゆく情景を静かに眺めているだけでなんだか満たされた気分です。
サンセットクルーズは、またリピートしたい!
1日1回なので、また別の日に…

2017年11月は25日までの運行、12月のサンセットクルーズはお休みです。

予約制ですが12月の星空クルーズや元旦の初日の出クルーズもありますよ~。
このイベントは大人気ですぐに予約いっぱいになるようです。

星空クルーズの詳細はこちら

初詣クルーズの詳細はこちら

トイレ付の船です。
自転車も乗り込み可。

 

番外編:他にもある浜名湖遊覧船

浜名湖遊覧船
気賀のみをつくし桟橋から約30分間の遊覧船が出ています。

直虎桟橋・遊覧船

みをつくし直虎桟橋
所用時間 約20分
時間 10:00~15:30
30分ごとに運行
代金 大人/1,000円(税込)
小学生以下/500円(税込)
運行日時 2017年9月16日~2017年11月26日までの土日祝日
最少催行人数 最少催行人数 2人~最大受付数 12人
駐車場 あり

 

次のぺージでいよいよ、フリーきっぷを有効利用できる旅のスケジュールを紹介します。


行きたい!食べたい!役にたった!ならみんなに伝えてくださいねっ

行きたい!食べたい!役にたった!ならみんなに伝えてくださいねっ

フリーきっぷ旅

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

この記事を書いたひと

りこ

りこ

浜松在住歴30年、3人の子育て中の40代主婦です。

パン屋さん・ケーキ屋さん・和菓子屋さん大好き!
お出かけついでに立ち寄ることがささやかな楽しみです。

長年住んでいても、浜松は新発見ばかりです。
子どもとお出かけして出会った、浜松の「楽しい場所」・「人」・「おいしいもの」をお届けしていきます。