1. TOP
  2. 【浜松市・鮎つかみ取り】竜ヶ岩洞で夏のお手軽プチサバイバル

【浜松市・鮎つかみ取り】竜ヶ岩洞で夏のお手軽プチサバイバル

暑くなってきて水遊びしたくなる時期になってきましたね。

ひと昔前の子ども達は、今みたいに流れるプールではなく近所の川や溝、海などが遊び場でした。
自分たちで工夫してザリガニや小魚などを取って遊んでいたものです。

現在では、昔のような遊びはなかなか難しいですよね~。

でも、子どもはやっぱり自然が大好き~‼
自然に触れ合う機会をたくさん与えてあげたいですよね。

それなら浜松市内でお手軽にプチサバイバル体験しにいきませんか♪

 

釣り経験がなくても大丈夫。手づかみで鮎を捕える!食べる!2つのおいしい体験ができる「竜ヶ岩洞の鮎狩り園」

鮎のつかみ取りは、2017年は5/3(水)から始まりました‼
子ども達の夏休みまでの5月~7月中旬の間は土日祝は通常開催(平日は予約のみ)、夏休み期間中は毎日開催、9月は土日祝祭日のみ開催しています。

夏休み期間や土日祝は申し込み不要。(※5月~7月中旬の平日は予約のみ)
チビッコは水着がベスト、小学生くらい大きな子どもはタオル持参のみで体験OK
です。

小学4、5年生の子どもと一緒に行ってきました様子をご紹介します。

 

「竜ヶ岩洞の鮎狩り園」はこんなところ♪

鮎のつかみ取り

浜松駅から約40分、車で浜松市北区の観光鍾乳洞「竜ヶ岩洞」へ向かって行くと、「竜ヶ岩洞」の400m位手前の場所にあります。

駐車場から下へ降りていくと…

手前の建物はBBQや食事ができる座敷席・鮎つかみ体験の受付・休憩テーブル席があり、右奥に鮎のいけすが2つあります。

食事ができる座敷は、目の前に山の木々が広がり、眼下には川が流れています。
気分は高級料亭の川床!?
心地よい川のせせらぎをBGMにゆったりと食事ができます。

BBQがしたいなら、手ぶらor持ち込みのどちらでも可能ですが、利用するにはあらかじめ予約が必要です。

鮎つかみ体験するには、まずはじめに受付します。

捕まえる鮎は1人1匹 700円
2匹目からは1匹につき追加料金500円がかかります。

捕まえなくても、いけすに入る場合は、3歳以上から料金がかかります
3歳未満の子どもは、無料のようです。

受付で料金を支払ったら、バケツを受け取ります。

体験時間は「1組 15分」と書かれていました。
ちょっと体験時間が短くない?って思いましたが、受付のお兄さんが、
「15分じゃぁ~そう簡単に捕まえられないですよ。鮎が焼けるまで大丈夫ですよ。」とのこと。

いけすの中は、ウジャウジャと鮎が泳いでいるのに、簡単に捕まえられない?

 

いよいよ鮎のつかみ取り開始!

鮎を捕まえた後、焼きたての鮎が食べられます。
焼くのに20分ほど時間がかかるため、鮎つかみ奮闘中にあらかじめ先の体験者が獲った鮎を係りの人が焼いてくれます。
自分で獲った鮎を焼いてもらう方がしみじみ味わえそうですが、子どもは待つのがとっても苦手~。
ちょうど鮎が捕まえられる頃❓に焼き上がって、名前が呼ばれます。

鮎をゲットするのが早いか?それとも鮎が焼けるのが早いのか?

子ども達は「捕まえるのが早いに決まってる!」と威勢よく鮎つかみ体験を開始!

足首がつかるくらいの水量なので、チビッコも安心です。
いけすのコンクリートと色が同化して少し見えづらいですが、鮎が群れになって大量にいます‼

鮎つかみを始めて10分もしないうちに、いけすの中はこんなに大賑わいになりました。

 

鮎を追いかけること10分…

ウジャウジャ集団で泳いでいる鮎に手を伸ばしても、なかなか触れません。
たくさんの足の間をスルスルと泳ぎぬけていき、大苦戦……

いけすの隅に追い詰めて、ソォ~と手を伸ばして獲ろうとしても、集まった鮎に気が付いた子ども達がバシャバシャとあちこちから駆け寄ってくるので、あっという間に鮎は移動してしまいます。

網が自由に使えるように用意されています。
15分もすると、始めは手づかみに挑戦していたパパさん達も次々網を手にします。
でも、意外と鮎も頑張ってますので網を持っていてもなかなか捕えることができません。

鮎を追いかけること20分弱…

ついに小4の娘が鮎を手づかみゲットしましたーーーーー‼
とっても嬉しそうです。

こちらは、朝早く埼玉から来浜した3歳ぐらいの男の子↓
パパが網で捕まえた鮎に、長旅の疲れも見せず、大歓声を上げてました。

自分で網から鮎をつかんでバケツに入れることができましたよ!

小さなチビッコから大人まで夢中になって鮎を追いかける「鮎狩り」
予想と反して、鮎はなかなか捕まえられないけれど、童心に戻って水遊び?できて意外と楽しぃーーーーー‼

鮎つかみを開始して、ちょうど20~25分くらいでどのご家族も鮎の入ったバケツを手に受付へ向かっていました。

次のページで、鮎を実食の様子と「あゆ狩り園」の詳細をご案内しています。

行きたい!食べたい!役にたった!ならみんなに伝えてくださいねっ

行きたい!食べたい!役にたった!ならみんなに伝えてくださいねっ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

この記事を書いたひと

りこ

りこ

浜松在住歴30年、3人の子育て中の40代主婦です。

パン屋さん・ケーキ屋さん・和菓子屋さん大好き!
お出かけついでに立ち寄ることがささやかな楽しみです。

長年住んでいても、浜松は新発見ばかりです。
子どもとお出かけして出会った、浜松の「楽しい場所」・「人」・「おいしいもの」をお届けしていきます。