1. TOP
  2. 開運!浜松寺社巡り おススメの恋愛運・金運UPに嬉しいお寺

開運!浜松寺社巡り おススメの恋愛運・金運UPに嬉しいお寺


【恋愛運UP】舘山寺の縁結びのお地蔵さんに祈願!

舘山寺

恋愛運をUPしたいなら・・・
お参りをしたいお地蔵さんは、浜松市西区の曹洞宗舘山寺に祀られています。

 

縁結びで有名なお地蔵さま

舘山寺

昔から縁結びにご利益があるというお地蔵さまは、小さなお堂に祀られている石仏です。

お堂には、とてもたくさんの絵馬が飾られていますね。
お地蔵さんに手を合わせることと絵馬を飾ることで、お願い事が叶うのだとか。

舘山寺

 

舘山寺ご住職のお話

ご住職様からこんなお話を伺いました。
取材の前日に“お地蔵さまにお参りをして「恋人とのご縁」「結婚」「妊娠」「安産」のご利益を受け取ったという方”が、関西からお見えになったとのこと。

このような報告は市内だけでなく、関西や関東の都市圏に住む参拝客から聞くことも多いのだとか。
お地蔵さまのご利益は、大きいのですね。

 

舘山寺のご紹介!

舘山寺

舘山寺は地名になるほど有名なお寺ですが、その歴史は意外と知られていないのかもしれません。

江戸時代までの舘山寺は、堀江城(舘山寺町堀江にあった大沢氏の城)の祈祷寺として栄えた真言宗のお寺でした。

現在、山内にある愛宕神社がかつて阿弥陀堂だった頃、ここに祀られていたのが、応賀寺(湖西市新居)の宝物館に祀られている平安時代に作られた優美な阿弥陀如来坐像です。

家康くん
応賀寺についてこの記事で詳しく紹介しておるぞ。

明治維新後に一度衰退した舘山寺でしたが、後に、秋葉山の信仰を持つ曹洞宗の寺院として再興を果たします。

ほぼそのころからお地蔵さんが祀られるようになったそうなので、寺院の復興の陰に縁結びのお地蔵さんのご利益があったのかなと思います。

舘山寺

舘山寺の縁結び地蔵のお堂にはたくさんの絵馬が奉納されていて、インスタ映えしそうだと思いました。
この様子は、ご住職様が小さいころから変わらぬ風景なのだそうです。

 

安倍首相ソックリ!?聖観音さま

舘山寺

舘山寺の仏さまといえば、山の上に立っていらっしゃる聖観音さまも有名です。

なんと、安倍首相の顔にそっくりなのだとか!
ご興味のある方は、ぜひ、一度お参りに行ってみてくださいね。

舘山寺

本堂から、少しですが山道を登りますので、歩きやすい靴での参詣をおすすめいたします。

舘山寺このような山道が続きます

舘山寺山道からの眺め

縁結びのお地蔵さまをご紹介いたしました。
多くの縁が結ばれると必要になってくるものの一つがお金です!

 

続いて、浜松市内の金運UPにご利益があるというお寺のスポットをご紹介しましょう。

 

【金運UP】宝林寺の金鳴石を鳴らして祈願!

宝林寺

浜名湖湖北五山の一山としても有名な宝林寺の、金運に効くと言い伝わる金鳴石をご紹介します。

 

貴重な、中国伝来の金鳴石

宝林寺

宝林寺の佛殿の後方西側に、叩くと金運が良くなるという「金鳴石」があります。

開祖である独湛禅師が中国からお持ちになりこの宝林寺に伝えたもので、叩くと澄んだいい音がします。

山内にある竜門堂で龍文さまにお参りとお願い事をしてから金鳴石を叩くと、そのお願い事が叶うそうですよ。

 

その前に、まずは宝林寺の佛殿でご本尊さまを参拝して、それから龍門堂へ足を運びましょう。
この佛殿もとってもとっても素晴らしいものです。

 

宝林寺のご紹介!

宝林寺は京都宇治にある萬福寺を本山とする黄檗宗寺院で、江戸時代初期に創建された寺院です。

宝林寺の開祖独湛禅師は、黄檗宗宗祖隠元禅師と一緒に中国からやってきた高僧です。

家康くん
宝林寺について詳しくはこの記事をご覧くだされ

江戸におられた近藤家当主(開基)が、当時最先端の仏教や仏教文化を日本に伝えていた黄檗宗の教えに深く帰依をしたことから、当地に黄檗宗の素晴らしい寺院が建立されることになったのです。

家康くん
宝林寺は浜名湖湖北五山の一つなんじゃ。

 

エキゾチックで魅力的な山内

宝林寺

中国からやってきた高僧が開いた寺院ですから、山内のそこかしこにその影響が見られますよ。

重要文化財にも指定されている佛殿は、扉の装飾から堂内の飾り(荘厳具)まで、中国寺院の雰囲気に溢れていて、祀られているご本尊の釈迦如来坐像、脇侍、二十四体のお像も、日本のものとは異なる魅力にあふれています。

私には、この佛殿は仏さまの情熱的なお力が溢れているな、と感じられます。

宝林寺

 

 

さて、金運UPのお寺巡り情報が続きますよ。

 

【金運UP】方広寺の三重塔をお参りして金運UPを祈願!

方広寺

徳川四天王井伊直政公の生母とご縁がある大本山方広寺にも、お参りをすると金運UPが期待できるというところがあります。

 

倒産よけにご利益があるという三重塔

方広寺三重塔

金運UPにもいろいろな手段がありますね。
商売繁盛・宝くじ当選、はたまた、玉の輿に乗る!というのも、金運UPに繋がりそうです。

今回ご紹介するのは、「リスクを抑えて財を増やしたい」という方に特におススメのスポットです。

方広寺には三重塔駐車場という場所がありますが、まさに、この三重塔が倒産除けにご利益があるといいます。

この塔は、第二次世界大戦のころ大阪で商売を営んでいた山口玄洞氏が、ある僧の助言のお陰で倒産の難をまぬがれその後も会社が発展したということから建てられたもので、財界人の参拝が絶えないのだとか。

もともと財をお持ちの方に特におススメしたい、金運UPの寺院スポットです。

 

方広寺のご紹介!

方広寺

方広寺は、臨済宗方広寺派の大本山というとても位の高い寺院で、浜名湖湖北五山の一山でもあります。

家康くん
この記事で、方広寺について詳しく紹介しておるぞ。

方広寺は、この地を治めていた奥山氏が後醍醐天皇の皇子であり中国で修行をされた無文元選禅師(むもんげんせんぜんじ)を招き、開かれた寺院です。

方広寺には多くの宝物や文化財があり、坐禅会や写経・精進料理などが楽しめ、ゆっくりとした時間を楽しむことができますよ。

家康くん
湖北五山の一つである方広寺。
他の寺院と一緒に五山巡りはどうじゃ♪

 

大自然にあらわれる堂々たる本堂

方広寺

方広寺は、古くから寺院が作られてきた自然豊かな富幕山にあります。

山門から本堂までの参道はゆっくりと歩いて20分ほどの距離があるのですが、ここで味わえる自然の風景がとても清らかで、おススメの一つです。

方広寺

道沿いの小さな小川やさえずる鳥たちの声、楚々とした山野草の素朴な姿などが楽しめ、心癒されます。
このような体験も、寺院巡りの魅力の一つでしょう。

方広寺

 

ご紹介の寺院の詳細情報

秋葉山舘山寺

舘山寺

浜松市西区舘山寺町2231
秋葉山舘山寺

住所 浜松市西区舘山寺町2231
電話 053-487-0107
拝観時間 7:00~17:30
拝観料 なし
御朱印 300円
駐車場 有料舘山寺観光共同駐車場あり。
普通車最初の30分無料、以降時間に応じて有料
アクセス バス JR浜松駅北口バスターミナルからバス40分
東名「浜松西IC」から車で約15分
公式HP ——–

 

初山宝林寺

宝林寺

初山宝林寺
初山宝林寺

住所 浜松市北区細江町中川652
電話 0535421473
拝観時間 10:00~16:00
拝観料 大人400円
中高生200円
御朱印 300円
浜名湖湖北五山 五利益めぐりご朱印大色紙(宝林寺のみで販売)
色紙一枚2000円(宝林寺朱印代込み)、 他寺300円
駐車場 あり
アクセス 電車 天竜浜名湖鉄道「金指駅」下車→徒歩約15分
東名「三ケ日IC」から車で約15分
公式HP http://www.oubaku.org/shosan/ 

 

大本山方広寺

方広寺山門方広寺山門

方広寺
大本山方広寺

住所 浜松市北区引佐町奥山1577-1
電話 053-543-0003
拝観時間 9:00~16:00
※山門受付は15:30が最終
拝観料 大人400円
小中学生100円
御朱印 300円
駐車場 無料駐車場は2ヶ所にあります。
●三重塔駐車場:本堂受付まで急な坂を下り約5分
●奥山無料駐車場:本堂受付まで美しい風景を楽しめる参道を登り、徒歩約20分
アクセス バス JR浜松駅北口バスターミナルからバスで約60分
東名「浜松西IC」から車で約20分
公式HP http://www.houkouji.or.jp/

 

終わりに

舘山寺からの眺め舘山寺からの浜名湖の景色

今回は、浜松市内にある、恋愛運・金運をUPさせてくれるお寺をご紹介いたしました。

仏さまは、苦しみ悩む人々を救いたいと願う存在です。
ぜひ、お願いをしてみましょう!

 

その他のおすすめ寺社巡り


行きたい!食べたい!役にたった!ならみんなに伝えてくださいねっ

行きたい!食べたい!役にたった!ならみんなに伝えてくださいねっ

876216920f5e8e358a28ccac26f9c6b5_s

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

この記事を書いたひと

蓮仏ゆき

蓮仏ゆき

「知っているようで意外と知らない地元の仏像の素晴らしさをお伝えするために活動しています。」
浜松史跡調査顕彰会会員、仏像愛好研究家。

仏像好きが高じてカルチャーセンター他で仏像講座の講師をする。
静岡県と愛知県を中心に、「仏像鑑賞講座」「陶器の仏像作成講座」「寺社巡り講座」「御朱印講座」「浜名湖湖北五山講座」など、多数の講座を開催中。

女子美術大学短期大学部卒(彫塑)。
佛教大学文学部中退(仏教美術)。

父も祖父も華道家元。
自身もかつては華道・フラワーアレンジメント、他に、万葉集鑑賞入門を教える。

仏像愛好家blog
「遠江仏像ノート」はこちらをご覧ください♪